ネットでお金を借りる

ネットでお金を借りるには?簡単手軽に即日借りれるおすすめの方法!

このサイトでは、以下の内容をご紹介しています。

  • ネットでお金を借りる方法
  • 簡単手続きで今日中にお金を借りる方法
  • 様々なお金の借り方の比較

結論から言うと、ネットでお金を借りるなら、プロミスアコムがオススメです。信頼できる大手なので安心感もありますし、30日間無利息で利用できることもポイントです。

 

ネットでお金を借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」でおなじみのアコムは、キャッチフレーズが表すとおり初めてお金を借りる方の多くに利用されている人気のカードローンです。初回利用なら30日間の無利息サービス期間があります。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスの『WEB完結』を利用すれば申込⇒審査⇒借入という一連の手続きが全てネットのみで完了できます。審査もスピーディーなので、急ぎで今日中にでも借りたいという多くの方が利用しています。初めての利用なら30日間無利息(※1)で借入できます。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

やっぱり信頼できる大手が安心

プロミスもアコムも大手金融グループの一員です。

  • アコム ⇒ 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • プロミス ⇒ SMBCグループ

ネットで簡単手続きでお金を借りたいといっても、変なところでは不安になってしまいます。やはり、大手金融グループがバックにいる有名サービスが安心ですね。即日融資も可能なスピード感や30日間無利息サービスがあることもおすすめの理由です。

 

【即日融資可】ユーザーおすすめランキング

カードレス

【プロミス基本情報】
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスのWEB完結を利用すれば、申し込みから借入までの一連の手続きを全てネットで完結できます。ネットで完結といっても申し込み手続き途中で不明なことがあればオペレータの方が親切に電話で教えてくれますので安心です。また、プロミスには女性オペレーターが電話対応をしてくれるプロミスレディースもあり、こちらも人気です。女性はもちろん男性の利用者も多いです。

↓※女性だけでなく男性も利用OK♪↓
プロミスレディースの詳細を確認する>>

\当日借りるならプロミス!30日間利息ゼロ円♪/

最短即日

【アコム基本情報】
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
CMでもおなじみのアコムは信頼と実績がありいざというときに頼りになります。三菱UFJフィナンシャルグループの一員であるアコムは、知名度も抜群でまさに初めてお金を借りる方にうってつけの安心して利用できるカードローンです。男女年齢問わず多くの方がアコムを利用してお金を借りていります。
\最短1時間融資!しかも30日間利息0円!/

LPバナー 200x200

【新生フィナンシャル レイクALSA基本情報】
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 お申し込み後、最短15秒で審査結果表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
\Webなら最短60分での融資も可能!/

LPバナー 200x200

【SMBCモビット基本情報】
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
SMBCモビット
※申込をする曜日や時間帯によって翌日以降の取り扱いになることがあります。

\多くの30代以上の方が利用されています/

 

【当サイトおすすめ】人気の厳選カードローン



今日中にキャッシングでお金を借りるなら

をオススメします。プロミス、アコムどちらも申し込み⇒審査⇒借り入れの一連の流れがとてもスムーズです。最短で即日、つまりネットで今日申し込んで今日中にお金を借りることができます。

今日中にどうしてもお金が必要という方にとってもオススメなカードローンです。(その上、初回利用なら30日間無利息でお金を借りられます。)

 

カードローンの基礎知識

ここでは、カードローンの利用が初めての方向けに利用方法について具体的にお伝えしていきます。

 

利用の条件

カードローンを利用してお金を借りることができる人には条件があります。
それは、

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があること

という2つの点です。


お金を借りるということは法律上の契約行為に該当します。そのため、20歳以上になっていないとお金を借りることはできないのです。


貸金業者は利息によって利益を出していますので、貸したお金が回収不能になってしまっては経営が成立しないのです。だからこそ、貸したお金がちゃんと返済してもらえるかどうかは起業としての死活問題ですので、安定した収入があるかという点が利用条件とされているのです。この点、銀行などほかの方法で借入をする際にも基本的に同じことです。

 

申し込みの方法

カードローンでお金を借りるときには『申し込み』が必要です。申し込みは、スマホやパソコンからネットで行うことが出来ますし、お近くに自動契約機や契約窓口があるようでしたらそちらで申し込むこともできます。ネットで申し込むのが、簡単な手続きでお金が借りられるのでやはりオススメです。


有名な大手消費者金融では、借入までのスピードに力を入れているので、即日での借入も可能なところが多いです。


当サイトにおいても、オススメのカードローンを紹介していますので参考にしてみてください。

ユーザーおすすめカードローンランキング>>

 

審査内容や方法について

カードローンの申し込み後は『審査』に移っていきます。審査の具体的で詳細な内容は、どこのカードローン業者からも公表されていません。

 

とはいえ、確かに言えることは、『貸したお金をちゃんと返済してけるか』という視点に立って審査が行われるということです。
なぜなら、貸したお金が回収不能になってしまうとカードローン業者の経営が成立しないためです。審査される項目には例えば、

  • 住所
  • 電話番号
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤務形態
  • 借入履歴

といった事項があります。
カードローン審査においては、業者により多少の違いがあることがありますが、申込のときに記入した勤務先に確かに在籍して勤めているかどうかを確認するために電話連絡が入ることがあります。(これを『在籍確認』といいます。)

 

カードローンで借金していることを会社の同僚などの周囲の方に知られたくないと考える人もいると思います。そういった利用者の心情に配慮してか、在籍確認の電話がかかってくるときには、業者名を名乗らずに架空の会社名や個人名を名乗って電話してくることも多いです。また、中には電話連絡による在籍確認をそもそも行っていないカードローンも存在しています。会社の人にバレたくない人にはこちらがオススメです。

 

電話連絡で在籍確認をしないカードローン>>

 

金利について

カードローンでお金を借りると利息がかかってきます。カードローン業者はこの利息が収益になるので当然のことです。そして、利息がどのくらいかかるかはこれからお金を借りようとする人にとってはとても気になるところだと思います。

 

お金を借りたときに発生する利息は、以下の計算方法で算出することが出来ます。

 

利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

 

返済方法

借りたお金の返済は簡単な手続きで行うことが出来ます。指定された返済期日までにコンビニなどのATMからローンカードを使って入金すればいいだけです。

 

この他にも、カードローン業者各社では返済してもらいやすい方法を用意しています。例を挙げると、自分のの口座から引き落としによって返済する方法や、業者が指定する銀行口座に振り込み入金することによる返済方法などです。どのような返済方法が用意されているかは各社の公式サイトから確認してみて下さい。

 

お金を借りたらできれば早く返済してしまえたらと思いませんか?ここで早めに返済を完了するための知恵として繰り上げ返済をご紹介します。例えば、決められていた所定の月々の返済額が10,000円だったとした場合、余分に入金して合計20,000円を入金をしたとすると、その分だけ残高が早く減ります。そうすれば、支払う利息は少なくて済ませられるのです。どうせいつかは全額返済しなければなりませんから、早め早めに余裕を持って支払うという考え方を持てば、みるみるうちに借金の残高は減っていきます。余裕がある内に、どんどん繰り上げ返済をしていくのが、後々のことを考えたら楽だと思います。

 

一般的には消費者金融は金利が高いと言われることが多いようです。しかし、比較的少額を借りる場合であればすぐに返済することもできると思います。大手消費者金融各社では借りた翌日から一定期間無利息で借入ができるお得なサービスを実施しています。例えば、プロミスやアコムならサクッと借りて無利息期間である30日以内に返済すれば一切利息がかからずにお金を借りる事が出来るのです。

 

30日間無利息で借りれるカードローン>>

 

総量規制とは?

消費者金融は貸金業法という法律の規制を受けます。貸金業法の目的は、債務者を保護することにあります。そして、その貸金業法のなかには『総量規制』というルールが定められており、このルールに従うと、『年収の3分の1以上の借入ができない』ということです。

クレジットカードのキャッシグや消費者金融のカードローンは、この総量規制の縛りを受けます。

もしも、あなたの年収が600万円だったとしたら、各社からの借入の総合計金額で2000万円までしかお金を借りることがが出来ないということになるのです。

 

ネットでお金を借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」でおなじみのアコムは、キャッチフレーズが表すとおり初めてお金を借りる方の多くに利用されている人気のカードローンです。初回利用なら30日間の無利息サービス期間があります。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスの『WEB完結』を利用すれば申込⇒審査⇒借入という一連の手続きが全てネットのみで完了できます。審査もスピーディーなので、急ぎで今日中にでも借りたいという多くの方が利用しています。初めての利用なら30日間無利息(※1)で借入できます。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

カードローンのよくある質問

 

家族や会社にバレることはない?

バレやすいタイミングに気をつけることによって家族や会社にバレずに借りることもできます。具体的にはカードローンの審査では勤務先に在籍確認の電話がかかってくることがありますが、このときが借入がバレる1つのタイミングです。その他、自宅に届く郵便物によって家族に借入がバレてしまうこともあります。



在籍確認や郵便物がバレる可能性をはらんだネックであるので、カードローンの申込みの際、カード受け取り方法や在籍確認方法に気をつける必要があります。電話連絡なし、郵送物なしでお金を借りれるカードローンもあるので、会社や家族にバレずにお金を借りたいなら、そちらを利用してお金を借りるのがよいでしょう。

電話連絡ナシ・郵送物ナシで利用できるカードローン>>

 

お金を借りる目的は何でも大丈夫?

自動車ローン・住宅ローン等の利用目的が限定されている貸付も世の中にはあります。しかし、カードローンでは借りたお金を何に使うかという使い道は制限されていません。ですので、カードローンで借りたお金は基本的には何に使っても大丈夫です。

 

複数の会社から借りても大丈夫?

何社から借入をすることができるのかは特に制限はありません。総量規制の「年収の3分の1」という借入合計額の範囲内なら一応何社であっても利用自体は可能です。ただ、実際には借入件数があまりにも多くなってしまうと新規申込みをしようとしたときに審査で不利になってしまうことがあります。なぜなら、あまりにも借入件数が多いと返済不能に陥ってしまうことを危ぶまれてしまうからです。

 

返済はどんな方法で行いますか?

借りたお金の返済は簡単に行うことができます。例えば、お近くのコンビニATMからローンカードで入金することによっても返済出来ます。そのほか、業者の指定口座への振り込みによる返済や、ご自身の銀行口座からの引き落としによる返済にも対応しているカードローン業者もあります。詳しくは、利用されるカードローン業者の公式サイトをご覧ください。

 

借入金額はいくらまで可能ですか?

貸金業者である消費者金融系のカードローンは、貸金業法による規制されます。貸金業法には「総量規制」というルールが定められいて、借り入れしている複数のカードローンの借入額の総合計で「年収の3分の1」までしか借りられません。

 

借りるのは少ない金額でも大丈夫ですか?(例えば1万円)

借りる金額は、たとえば1万円など少ない金額でも問題ありません。消費者金融でお金を借りるのは、30万円とかある程度まとまった金額のお金でないといけないというイメージをお持ちかもしれませんが、実際には大手消費者金融では特に最低借入額を設定していないところが多いです。最低借入額を指定しているところも中にはありますが、それでも「1万円から」となっています。

 

バイトやパートでもお金を借りれますか?

カードローンを利用してお金を借りられる方の条件は、1.定期的な収入があること、2.20歳以上であること、です。パートやアルバイトでも「定期的な収入があること」という条件を満たすことができるのでカードローンでお金を借りられる見込みはあります。

 

学生でも借りられますか?

中学生や高校生や大学生でも未成年の場合、契約行為が出来ませんのでお金を借りられません。それに対して、20歳以上の大学生や専門学生などでアルバイトをされているということなら、学生であってもカードローンの利用資格を満たすことができるため借り入れができる可能性があります。

 

女性も安心して借りられますか?

このサイトでご紹介しているカードローンなら、どれでも女性も安心して利用できます。女性オペレーターが電話対応してくれるプロミスレディースは特に女性にオススメです。

 

主婦でも借りることができますか?

専業主婦の方はカードローンを利用できません。パートなどでお勤めで少額であってもお給料などの定期的な収入がある場合には、主婦の方でも借りられる可能性があります。

 

ネットでお金を借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」でおなじみのアコムは、キャッチフレーズが表すとおり初めてお金を借りる方の多くに利用されている人気のカードローンです。初回利用なら30日間の無利息サービス期間があります。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスの『WEB完結』を利用すれば申込⇒審査⇒借入という一連の手続きが全てネットのみで完了できます。審査もスピーディーなので、急ぎで今日中にでも借りたいという多くの方が利用しています。初めての利用なら30日間無利息(※1)で借入できます。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

その他の色々なお金の借り方

ここでは、ネットでお金が借りられるカードローン以外にも様々なお金の借り方を紹介します。ぜひ、ご自身の目で比較して検討してみてください。ご覧いただければわかりますが、利用条件がとても厳しいものや利用目的が制限されているお金の借り方も多いです。

  1. ネットで簡単に申し込める
  2. 即日融資にも対応できる
  3. 信頼できる大手が運営
  4. 一定期間無利息で借りられる
  5. 利用目的が限定されていない

といったことを考えると、やはりプロミスアコムのカードローンを利用してネットでお金を借りるのがもっとも良い選択だと思います。

銀行系カードローン

銀行系のカードローンのメリットは、消費者金融に比べて多少は金利が低ことです。ただし、銀行系カードローンでは、消費者金融に比べ非常に審査が厳しくなります。申し込みをしてから実際に融資を受けるまでに審査にかかる時間もかなりかかってしまいます。

 

確かに利息が安くて済むというメリットはありますが、審査に要する時間を考えれば、急ぎでお金を借りたい場合にはおすすめできません。

 

銀行の目的別ローン

銀行ではカードローン以外の融資を実施されています。銀行の目的別ローンは、銀行カードローンと何が違うかというと、一番大きいのは、借りたお金の利用目的が制限されているかどうかです。銀行カードローンでは借りたお金の利用目的は特に制限されませんが、目的別ローンではその名の通り利用目的が制限されています。

 

どのような目的別ローンが設定されているかは銀行により様々です。たとえば、マイカーローン・リフォームローン・教育ローン・ブライダルローン・トラベルローンなどです。

 

金利が低いというメリットはありますが、審査の時間がかなりかかってしまいます。また、目的別ローンで用意されている目的に合致しない場合には、お金を借りることができません。いずれにせよ、早急にお金を借りる必要がある場合にはおすすめできません。

 

クレジットカードのキャッシング機能で借りる

ほとんどのクレジットカードでは「キャッシング枠」が設けられています。このキャッシング枠を使うと、コンビニATM等で簡単にお金が借りられます。現在、お手持ちのクレジットカードがあるなら、そのカードがキャッシングに対応しているかどうかを確認していただいて、利用を検討されてもいいかもしれません。

 

とはいえ、クレジットカードのキャッシングを使ってお金を借りる場合、非常に高い利息を支払うことになってしまいます。なぜなら、クレジットカードのキャッシングでは、最大金利である18%で貸付を行っているところが多いからです。
また、クレジットカードのキャッシングでは、消費者金融カードローンと違って繰り上げ返済ができません。利息を安く済ませようと約束した返済日よりも早めに前倒しで返済しても、利息は安くならないのです。結局、消費者金融のカードローンでお金を借りたほうが利息を安く済ませられるケースが多いです。

 

ろうきん(労働金庫協会)で借りる

ろうきんというのは、『労働金庫』の略称です。この組織は、労働組合や生協などの働く仲間が互いを
助け合うために出資し合ってできた協同組織の金融機関です。全国に13の「ろうきん」があります。お住まいの場所によって利用できる団体は異なります。たとえば、中央ろうきんは茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県を営業エリアにしています。また、近畿ろうきんは大阪府、滋賀県、奈良県、京都府、和歌山県、兵庫県を営業エリアにしています。ろうきんにもカードローンが存在していて、その地域の労働者なら誰でも利用可能です。

 

生活福祉資金貸付制度

失業等の事情により生活に困窮した人を対象とした公的貸付制度として生活福祉資金貸付制度があります。各地域の社会福祉協議会が窓口業務を担当しています。生活福祉資金貸付制度では、以下の種類の貸付があります。

  1. 福祉資金(福祉費、緊急小口資金)
  2. 総合支援資金(生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費)
  3. 教育支援資金(教育支援費、修学支度金)
  4. 不動産担保型生活資金(不動産担保型生活資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金)

この制度により貸付を受けるための条件として、

  1. 仕事に就くことが困難な65歳以上の高齢者世帯
  2. 障がい者手帳を持っている障がい者世帯
  3. 生活に必要なお金を他から借り入れできない低所得者世帯

である必要があります。生活福祉資金貸付制度は、利息が非常に低くて済みます。ですが、国の貸付制度は非常に厳しい審査基準になっているため、よほど生活が逼迫している状況でない限り審査を通過することは出来ないでしょう。具体的には、年金・失業保険を受給している場合、生活保護を受けている場合、他の借入を利用できる場合等にはこの制度を利用してお金を借りることはできません。

 

学生ローン

大学生なら『学生ローン』を利用してお金を借りるという手段もあります。学生ローンの審査では借りたお金の利用目的がとても重視さています。また、限度額はそれほど高くなりません。デメリットとして利息が高くついてしまうという面がありますが、学生の方で利用目的がしっかりしているなら学生ローンの利用を検討するのも1つの手です。

 

ビジネスローン

事業用資金が必要なら、ビジネスローンでお金を借りるという手段もあります。ビジネスローンでは、総量規制対象外なので年収の3分の1以上の借り入れも可能です。それと、個人向けの貸付と異なって金利が低いというのもメリットです。ただし、数日〜1か月程度という長期にわたって審査されますので、今日中にでも急ぎでお金が必要な方には向いていません。

 

奨学金

奨学金は進学に必要な学費・生活費などを支援してくれる制度です。そのため、奨学金を利用してお金を借りる事が出来る局面は大変限定的です。大学を卒業した後に、お金を返還する必要がない「給付型」の奨学金と借りたお金を返還する「貸与型」とが存在しています。代表的な奨学金制度としては

  1. 日本学生支援機構
  2. 民間団体・その他の奨学金
  3. 地方自治体の奨学金制度
  4. 大学独自治の奨学金制度

などがあります。

 

奨学金の受給に関して、とても厳格な審査が実施されます。学業成績は当然のこと、ほかにも必要な学費の総額や通学手段なども見られ、返済年数、奨学金金額や金利も変動していきます。

 

家族や親戚からお金を借りる

家族(親兄弟や配偶者)や親戚(おじ、おば、祖父母など)からお金が借りられるなら、それも選択肢の1つでしょう。特に、まだ未成年の中高生などの場合は、契約行為が行うことが出来ないので現実的に、家族や親戚を頼ってお金を借りることになることもあり得ると思います。

 

しかし、親戚・家族からお金を借りる際には、親戚間・家族間のトラブルに発展しないように気をつけなければなりません。お金を貸し借りするということは、場合によっては家族間や親戚間に禍根を残しかねない重大な問題だからです。また、家族や親戚からお金を借りる時には、正当な理由も必要です。家族間、親戚間でお金を借りる時には必ずと言っていいほど、使い道について確認されるからです。まっとうな理由で無ければまず貸してもらうことはできないでしょうから、相手を納得させられるだけのまっとうな理由をきっちり伝えて借りる必要があるでしょう。

 

街金

街金というのは小中規模の消費者金融会社のことです。有名な大手消費者金融に比べると知名度は低いかもしれませんが、国や都道府県に貸金業者として登録している正当な業者です。個人を対象とした小口融資を行っています。街金は、大がかりに全国展開はしていませんが、限定された地域で営業しています。

 

注意点としては、街金の中には貸金業登録を行わずに違法に営業している業者が存在することがあることです。そのような違法業者にひっかからないためにも、街金を利用しようとするときには、財務局の公式サイトで貸金業登録を行っていることを確認してから利用するようにするとよいでしょう。

 

ヤミ金

ヤミ金は貸金業法上の貸金業者登録をすることなく、違法に金貸しを行っている悪質業者です。テレビドラマや漫画などで度々描かれているように、法外な利息で貸付したり、厳しい取り立てをして債務者をどん底に追い込みます。

 

ヤミ金業者は、貸金業の登録なしに金貸しを営んでいるので、財務局のサイトでチェックしても登録業者として業者名がでてきません。ドラマなどでヤミ金からお金を借りて破滅の人生をたどる様子がよく描かれているとおり、ヤミ金でお金を借りることは非常に危険なことなので、絶対に辞めましょう。

 

ネットでお金を借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」でおなじみのアコムは、キャッチフレーズが表すとおり初めてお金を借りる方の多くに利用されている人気のカードローンです。初回利用なら30日間の無利息サービス期間があります。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスの『WEB完結』を利用すれば申込⇒審査⇒借入という一連の手続きが全てネットのみで完了できます。審査もスピーディーなので、急ぎで今日中にでも借りたいという多くの方が利用しています。初めての利用なら30日間無利息(※1)で借入できます。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。